地味で地道なはてなブログ

ダイアリー「地味で地道な」から引っ越しました。

気にすることなく

ファンベース (ちくま新書)

ファンベース (ちくま新書)

入院中から、少しずつ読んだ。
とてもエキサイティングな本だった。
かつて、よさこいの孤独なWeb広報をやっていた身としては、ああ、本当にこうだ、とくによさこいなんてまさにこの通りだ、と、しみじみしながら読み通した。
「ファン」は、ちょっと怖いこともあるけど、「熱狂的なファン」は、びっくりするほど応援してくれる。
例えばYouTubeの動画に映ってたメンバーとファンがとても仲良くなったり、程なくしてSNSでメンバー自身が活動を公開することが、ファンにとても好評だったり。
ほんのちょっとした裏話でも、外から見ると、えええええ!?ってこともあったりして、支障のない範囲で、共感・熱狂・無二の存在になっていったと思う。まあ解散しちゃったけどね。

うんうんと、とことん共感しながら読み進んで、最後の言葉に、不意打ちをくらった。

それは、私がネットで知って以来、毎年(半年分冊になってからは半年に一度)手帳に書き込んでいた、とても大事にしてきた言葉だったからだ。
折りにふれ、何度も思い出して、ここまでやってきた。
何度ネットでリアルで打ちのめされても、これを思い返してきた。
藤原紀香も好きだと言っていた、マザーテレサの言葉だ。

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行なうと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行ないなさい。

目的を達成しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい。

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく、作り続けなさい。

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを、世の中に与えなさい。

けり返されるかもしれません。

でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。

プログラマなんて、まさにこんな仕事だ。
プログラマも、「ファンベース」で、いいのかなってちょっと思った。
かの「IT界のダブル浩」のうち著書が多い方、結城浩も、つねにこういったことを実践しているのではないだろうか。

ある日Firefoxが英語になったので日本語化した

いつの間にか、Firefoxが英語表記になってしまった。
日本語版をおとしてインストールしなおしてみたが直らない。
オプションの言語設定を見直してもどうもならん。
まあ、メニューの位置は変わってないし、何となく意味はわかるからいいか、と放置していたが、やっぱり細かい設定をいじるときなどにちょっと不便なのでぐぐって、そのまんまな記事を見つけた。

Firefoxの表示を英語から日本語表示に変更する方法(日本語化手順)

上記の記事にある「インストール」のリンクは、大丈夫だと思うけど、念のために検索でたどり着く方法を書いておくと、

右上の三本線をクリック
→Add-ons(ジグソーパズルのピース)をクリック
→検索窓に Japanese Language Pack と入力して検索
→すべて見る(多分メニューの一番右)をクリック
→一番上の「スペルチェック辞書と言語パック」をクリック
→Japanese Language Packをクリック

で、同じ画面にたどり着けるはず。

はてなブログでのカテゴリの指定

単純に、ダイアリー同様にタイトルにカテゴリを付けるだけで良かった。記法の設定によってはできないかもだけど。
スマホからどうやってカテゴリ指定するのかわからなくて、ねずみエントリにメールで投げては後でPCからカテゴリだけ更新する、という不毛なことをしていた。
はてなハイクでは件名をid指定しなくちゃならないから、ハイクに投げたメールの宛先と件名を書き換えて投げ直せば同じ動作が望める。
どっちがより手間か微妙だが、今はあとで一括でいちいち日付指定してハイクのエントリをチェックしてる人間バッチ状態だった(これが面倒だから自動化したかった)ので、都度送り直しが良さそうだ。

#はてなブログアプリ?知らない子ですね…。

OAuthやらなくて良さそう

はてなダイアリーでは、サブアカウント同士でも管理画面に入れるのが、はてなブログではできなくなってる(都度、アカウントを切り替えなくてはならない)(どちらかといえばこの動作の方がセキュリティ的には好ましい)というのを見かけたのを思い出した。
じゃあ、はてなのログイン情報が消えてるブラウザでここの記事を表示させて叩いたら、私のハイクエントリは取れるのか?
→余裕で取れた
改めてはてなハイクREST APIのヘルプを見たら、確かに、読み取り機能のほとんどはOAuth認証通す必要はない、とある。
そういやそうね。
ということでひとつToDo消化。

はてなハイクの自分のエントリを全取得

主に、ねずみ達のエントリを今日のねずみブログにまとめるのに使用するのに使う予定。
手でやろうとしたら、表示されていてもページ保存では取れてなかったので、プログラム書いてOAuth通してAPI叩いて取得することになりそう。
はてなにログインしている状態で、アドレスバーから下記を叩くのは通った。

http://h.hatena.ne.jp/api/statuses/user_timeline/y2_naranja.xml?date=2018-10&order=asc&page=1&count=200
http://h.hatena.ne.jp/api/statuses/user_timeline/y2_naranja.xml?date=2018-10&order=asc&page=2&count=200

しかし月によっては月に200エントリも書いてないので、そこのEND条件の判定とか、色々めんどくさそう。とりあえず誰か書いてないか探してみる。
書式はJSON「という聞いたこともない拡張子」を使う。Firefox標準で読みやすい。
でも地味にJSON使うの初めてなんだよな。

  • プログラム実行時までのハイクの自分の全エントリを取る(できれば月毎)
  • 開始年月は分かっているので、めんどくさいからそこはハードコーディング
  • OAuthの使い方
  • 言語は何使おうか
  • ローカルに落としたら、Firefoxをビューワとして使えるので、まずは取得まで。ねずみ・ねこエントリだけならgrepでいいし
  • 慣れならローカルのビューワを作ってみる

地味で地道な子宮全摘ー術後2ヶ月検診まで

10/24だから、術後1ヶ月検診のすぐあと。

へその創が気になって、またオリーブオイルをつけた綿棒でぐりぐりと掃除をしていたら、なんか手ごたえがあってぽろっと輪のように結ばれた糸が取れてきた。
抜糸があるんじゃないかと怯えていたので、思わず友人にLINEで知らせた。
血も出てこなかったので、これでへその創も完全に塞がったのがわかった。
へそをどう切開して、今どう縫われてるのかはわからなかったけれど。

どうも調子が悪いと思ったら、久々にうつらしいうつにはまってるっぽい。
せっかく購入リクエスト出して借りた図書館の本も、全然頭に入らない。
ついでに腹まで痛み出したので、ロキソニンを飲む。
明日からしばらく雨みたいで、用事もとくにないので、大人しくして過ごす。
by 蟹ペン族 2018/10/26 20:19:49

ダブルでくらってダウン。
でも、確か、これ以降ロキソニンを買い足したりしなかったので、もう体内の創が痛む回数はどんどん減っていった。

ただ、座っているときとか、体表から切った方の創の奥の方が引っ張られるような感じがして、少し痛んだりするので、
もしかして:癒着起こしてる
とか思ったが、あまり気にしても仕方がない。


昨日から、手術創のうち一番大きい(といっても体表部で3cmくらい)創がじわじわ痛む。表面よりもちょっと中の辺りが引っ張られるような感じで痛い。
我慢できないことはないが、念のためロキソニン飲んどいた。
by 蟹ペン族 2018/10/29 21:49:41

このあとはしばらく、血が出なかった。もしくはひじょうに薄かった。
ので安心してたんだけど、11/2にレストランのやであったu-fullのライブに行って、帰りにちょっと横断歩道を走って渡ったりしたらまた血が出て、あわわ、となった。

でもこのときだけで、あとは主に血の有無の経過観察のためだけにパンティーライナーをつけてる感じでいた。ほぼ、術後7週間で終息した感じ。

なおパンティーライナーというものを初めて使ったわけだが、なんでも、雑菌が繁殖しやすいので、一日に朝昼晩3回以上交換すること、となっていた。
サイトによってはトイレに行く度に交換せよ、となってるものあった。

なので、パッケージには結構すごい数入っているのだが、さくさく使われてどんどん減っていくので、買い過ぎということはない。

術後8週間で完全になんともなくなり、雑菌が嫌だし、実際かゆみが出たりしてたので、以後つけなくなった。

術後8週になると、もう引っ張られるような感じもなくなり、創を指で押しても痛くないし、熱ももってない。体内の創の痛みも、ほとんど感じなくなった。
と思ってたら、座り方によっては右下の創が引っ張られてまだ痛んだ。痛み止めを飲むほどではないけれど、これは気長に収まるのを待つしかなさそうだ。
消化器の調子も、とくに不調を感じなくなっていた。
鉄剤飲んでる関係上、若干便秘気味だったが、当然なんだが生理がないので、もうよかろうということで、鉄剤も切ることにした。一応なくなるまでは飲んだけど、ちょうどこの辺でなくなった。

さて術後2ヶ月の診察、と思ったら、寝過ごしちゃった…
9:30の予約なのに、8:45に目かが覚めたね…。
なので、電話をかけて、さらに1週間後に受診した。
さすがにもう出血はなかったが、創のあたりがやっぱり引っ張られるように痛む。
→そういうもんらしかった。
溶ける糸で縫ったので、2ヶ月くらいで溶けてきて「引っ張らさる」(北海道弁)感じがするらしい。
じきに良くなるとのこと。
このときは、もう血液検査もなく、簡単な内診のみだった。
「日常生活は、普通にして大丈夫」とのお達しがあった。

男の人と以下略については言及がなかったが、まあ、当方、相手も予定もないので、まかり間違って直面したら予約取って訊きに行こう。
通常は、3ヶ月で大丈夫、と言われているが、少なくとも2ヶ月ではまだ無理っぽい。こんなにあちこち引っ張らさって痛いのでは。
痛み止め飲む程でもないが、地味に気になる関節痛みたいな感じだ。

そんな訳で次回受診は一気に飛んで3ヶ月後、2/12となった。

地味で地道な子宮全摘ー術後4週間後まで


よく考えたらこの時期は本来の生理の時期にかぶっていて、いつも殺人的な眠気にやられていたのだけど、この眠気は何から来ているのかまだよくわからない。貧血なのか、ホルモンによるものなのか、うつによる過眠なのか。
貧血なら、もう貧血になる要因はないし、ホルモンによるものなら、どういうメカニズムでなってるのか謎。
ちなみにこれを書いている11/1時点でも、毎日眠くて眠くてたまらない。

この日、まだ腹は痛いしふらふらしているけど、公開が終わったらたいへんと、映画『累ーかさねー』を観に行った。
座って観ているぶんにはなんともなかったけど、やっぱり歩くと少し響く。
あと、パンフが売り切れていたので、ユナイテッドシネマ札幌まで歩いたのだけど、これもまだしんどかった。そしてパンフ売り切れだった…。やっぱり右下の創が痛くて、手でおさえて歩いていた。

ぐぎぎぎぎ。なんかお腹痛いと思ったら、若干でろっと出血していた。
抗生剤はもう飲んでいないので、炎症につながらないよう祈るばかりだ。
by 蟹ペン族 2018/10/07 17:12:47

手術創、4つのうち3つは、表面的には塞がっている(内部的にはまだ熱を持ってる)。へその創は、どうやら完全には塞がってないようなので、うっかり腸が出てこないよう、割とびくびくしている。
#ヘルニアが多いのは鼠径部とへそ
by 蟹ペン族 2018/10/08 23:49:00

右の2つの傷は、縫い目は完全に皮下に入っていたのだけど、なぜかぷっくりと小さなふくらみがあって、気になってちょいちょい触っていたのだが、ある日ちょっと強めに押したらぷつって感じがあってふくらんでいたところが平らになってしまった。
なんかやばいことしちゃった?と、結構あせったけれど、多分溶ける糸が切れて、結んでふくらんでいたのが元に戻ったのだと思う。

左の傷はそうならなかったかわりに糸が出ている訳なのだが。
あまりに気になってしまって、毛抜きを買ってきて引っ張ってみたら、ほつれた糸っぽいものが出てきて、さらに引っ張ったら取れたのだけど、そのあと2,3日軽く腫れていたので、おすすめしない…。

へそのボタンみたいな縫い目は、時々触ってみるとほんの少し出血しているようで、入院前の掃除につかったオリーブオイルで掃除したら、乾いた血がオリーブオイルに溶けて取れてきた。まだ少し、塞がりきっていなかったようだ。

10/12-14に「がんばろう!北海道まつり」というのがあったのだけど、この頃は体調というか睡眠時間も崩れ、腹は痛いしで寝込んでいたので、結局行けなかったのだった。塩コロジンギスカンが~。

10/17ごろ(術後約1ヶ月)には、腹の傷自体はだいぶん落ち着いたようで、『劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~』を観に行った行きかえりはとくに体調は気にならなかった。

→と思ったら下から出る血がまた赤くてちょっと焦っていた。
そんなに大量ではないけれど、とにかく続いていた。

うかつに動き回ったり、椅子に長時間かけていると血が出やすいようで、しばらくは横になっていることが多かった。

[今日の人間]
昨日辺りからうつ傾向。
出血はここ数日、赤い血が出ている。
手術からちょうど1ヶ月経ったんだが、まだまだ塞がりきってないようだ。この辺は調べても言及してる人が全然いなかったので、書きかけのブログ記事を清書するときに載せておかなくては。地味に面倒。知らないとびびる人もいそう。
来週また診察があるので、経過はそのときにわかるだろう。もし問題があればそのときわかるだろうし。
もう傷は触らない限り痛くないけど、へその傷がちょっと腫れている。
あと、右側の2つの創は、縫ったところが小さなこぶ状になってたんだけど、軽く押さえたら、なんかぷちって感触があって、こぶがなくなった。溶ける糸で縫ってあったのが切れたのか…?体表はとくに何ともない。
左側の、なんか少しだけ糸が出てる創は、こぶ状のものはないんだけど、糸がなくなる気配がない。これは訊いてみよう…。
by 蟹ペン族 2018/10/19 15:59:31

睡眠もちょいちょい崩れるので、どうもすっきりしない日々が続く。

全く眠気が来ない。
いや、薬飲んでないからなんだけど、飲んじゃうと今夜の分がなくなるのだ…。割り切って今飲んじゃうか、夜まで寝ないか。どちらもあまりよくはない。
by 蟹ペン族 2018/10/21 13:26:43

昨日は、ほんとは情報処理技術者試験だったのだが、勉強してないだけでなく、長時間座ってるだけで体内の創が開いてくるみたいで、赤い血が出てくる(できれば治りかけのかさぶたっぽい色の血であってほしい)ので、到底試験どころではないと思ってリタイアした。
また春受けるか…。
参考書は、来年度も使えるはずの内容なので、書籍代が浮いて助かる。
旧版持ってるのに改訂版が出た徳丸本と『プログラマの数学』と、あと暗号技術入門も欲しいなあ。
by 蟹ペン族 2018/10/22 10:19:51

だいたいこのあたりで、あまり痛み止めを飲まなくて済むようになっていった。

10/23が診察日で、例によって内診されたが、なんかあっさり終わった。
血液検査の結果で、(生化の検査結果が間に合わず)CRPの値は聞けなかったが、ヘモグロビンの値もよいし、順調に回復しているから多分大丈夫でしょうとのこと。

ここまでが「重いものを持ったり、自転車に乗ったりしてはいけない約1ヶ月」だった。

でもまだ下からの出血は続くんだよね…。